手の甲のしわと首のしわの手入れ

しわと言われると顔や目尻、おでこ、口元などを想像する人が多いのではないでしょうか。

確かにそれらが一般的なイメージですが、手の甲のしわや首のしわもあります。

もちろん、これらのしわは無いに越したことはありません。

しかし、首のしわや手の甲のしわに意識がいく人は余り多くはありません。

ところが、強い紫外線や乾燥によって手の甲のしわやしみも出来てしまうのです。

夏の外出時に、肘まであるレース地の手袋などを使ったり日焼け止めを使ったりしている人はそれなりに大丈夫です。

しかし夏にTシャツや半袖の服といった腕を出す服を続けていると、30代、40代と年齢が重なるにつれて手の甲のしわや首のしわがそうでない場合に比べ、全く違ってくるのです。

手の甲のしわに対する一番のオススメは、手の甲をパックしてあげるという方法です。

最初は分かりにくいのですが、期間を続けていく内にキメの細かい状態になります。

他にも、保湿クリームを手に塗り込み、薄手の手袋をするとシットリ感が出てきます。

手の甲のしわだけでなく、首のしわを始とした他の部分もいつまでもキレイに維持したいですよね。